【海外セミリタイア2年目】海外旅行に持っていくならノートパソコンよりタブレットの方がおすすめ|軽くて持ち込みが楽|買って失敗したグッズも紹介するよ

やあ、きみは旅行がすきなんだね、

ぼくもなんだよ。

海外旅行に行くときに悩むのがパソコンの持ち運びだよね、海外セミリタイアは飛行機の移動が多いので、なるべく軽くて持ち運びが楽、そして出来れば日本と同じ環境でパソコンを利用したいもの。

ぼくは昨年、サブディスプレイ用途で24インチのDELL・縦置きディスプレイを飛行機に手荷物で持ち込んでいて、とっても重たかったけど今はスマホをサブディスプレイ利用しているからずっと快適なんだ。この記事では今のぼくのPC環境をシェアしていくね。

2in1ノートパソコンとスマホの組み合わせ

ぼくは今はタブレットPCにスマホをサブディスプレイにしてPC作業をしているよ。2つとも小さくて軽いから海外に持ち運びが簡単で充電はUSBから給電可能だからコードもかさ張らなくて便利だよ。

機種名はHuawei 12型の2in1ノートPCMatebook Eと8型のHuawei Simフリースマートフォン Mediapad M3なんだ。それぞれをアームスタンドで高さは目の前になるようにセットしているよ。

スマホは作業中はサブディスプレイ化して利用しているんだ。スマホとの切り替えは「spacedesk」というアプリでボタンひとつで可能だよ、旅先では便利なアプリだね。充電は2つともUSBから可能だ。

机の奥に置いてあるのはGoogle home miniだよ。タブレット単体だと音質がイマイチなのでスピーカー代わり+ニュースや天気の音読などに使ってるんだ。

この環境のメリットは2つあるよ。

メリット1.充電がすべてUSBで済む

MatebookEを選んだ理由はまさにここで、一番のメリットはすべての電源がUSBで充電可能なところ。

これでノートPCのような重くてかさ張るケーブルが無くなって、ケーブルが一本化できちゃうよ。

メリット2.アームスタンドの利用で目の前にディスプレイ表示ができる

旅行先のホテルでは椅子やテーブルの高さが違うため、猫背になったり疲れてしまうよね、でもこのアームスタンドを使えば目の前にディスプレイ表示ができるから、低いテーブルだったとしても大丈夫だよ。

また、最近の4kディスプレイなどの高画質ディスプレイはノートパソコン利用だと文字が小さくなってしまうためほとんどの人が倍率を200%にして利用している。これではせっかくの綺麗なディスプレイが台無しだよ、でもこのアームスタンドなら綺麗なままで見ることができる。ディスプレイが目の前の高さにくるため没入感もパーフェクトだ。

キーボードとマウスは何度か失敗してようやくiclever社の無線タイプのセットに辿り着いたよ。これはワイヤレス接続でUSBが一つで両方利用できるので便利、打感もよく見た目もシンプルな白で高級感があって気に入ってるよ。予備でもう1セット買っちゃった。(以下画像クリックでアマゾンに移動するよ。)

Matebook Eはamazonで6万円くらい。

以下の記事で開封レビューを載せてるよ。

【画像あり】海外旅行用に持ち運びが便利なノートパソコンHUAWEI Matebook Eの購入レビュー

Media Pad M3はSimフリーなので国内や海外では電話&LINE用途としても使える。

使えなかったもの

ぼくはこのスタンドにたどり着くまでアマゾン購入で以下の安い2つのスタンドを試したが高さが足りなくて倉庫行きになってしまった。1000円以下でレビューもよかったが、高さが足りないのでどうしても猫背になって疲れてしまったんだ。やはりタブレットスタンドは高さと広めの角度調節が大事だよね。

キーボードは以下の3点をamazonで購入したがシルバーのタイプはタイピングしにくかったり、Ankerのキーボードは反応が遅いなど、使い物にならなかったので以下の3点は個人的にはおすすめしないよ。

まとめ

ノートPCはきっとこれからタブレット化がすすんでACアダプターもどんどん小さくなってUSB充電が主流になっていくなじゃないかな、自分の快適な作業環境を探していろいろ買い物して試してみるのも楽しいね。

じゃ、またね。人生にかんぱい !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA