ベトナム航空のロータスマイル・プラチナ会員に移行するには何往復必要か調べてみた。

やあ、きみはベトナム航空がすきなんだね、
ぼくもなんだよ。
 
▼ぼくね、今回ベトナム航空でロータスマイル・シルバー会員になってみたよ。
 
それでもう一つ上のクラスの特典サービスが受けられるチタニウム会員になるには日本とベトナムを何往復すればなれるのかを調べてみたんだ。
 

チタニウム会員の獲得要件

▼HPの記載によるとシルバーのひとつ上のチタニウム会員になる要件は以下の通りだよ。
画像引用:ベトナム航空より
 
 
まあ、ざっくり言えば1年以内に15,000マイル以上ならチタニウム会員になれるみたいだね。じゃあそれって日本→ベトナムで何往復なの?ってことで計算してみたよ。

チタニウム会員までの搭乗回数

 東京→ホーチミン往復マイル数必要往復数
エコノミー2,722 5,444 2.7
ビジネス4,059 8,118 1.8

注意:このマイルはさーてんぷが2018年にベトナム航空を利用した時の獲得マイル数で正確なものではありません。

おお!エコノミーでも1年に3往復するならチタニウム会員になれそうだね、これなら頑張ればいけちゃいそうな気がするよ。

まとめ

ビジネスカウンターでチェックイン手続きができるというサービス特典が魅力なのがチタニウム会員だ、でもそのためだけに何往復もするのはちょっとコスパが悪いよね。…うん、別の手段を探してみるよ。

今のところ、おそらくSFCカードか、丘マイラーになるのがいいのかな?なるべく安くベトナム⇔日本を行き来したいよ。

 

タンソンニャット空港内にあるビジネスラウンジについて

コチラの記事ではホーチミン、タンソンニャット国際空港にある2つのビジネスラウンジのレビュー記事を掲載しております。

この2つのラウンジから1つを選ぶとすれば、わたしのオススメはベトナム航空のビジネスラウンジ「ロータスラウンジ」になります。

理由はシャワーが使えるからです。清潔さ、窓からの景色、アルコール類は「ロータスラウンジ」が充実しています。お寿司やコーンフレークなど、食事メニューのバリエーションが多いのは「オーキッドラウンジ」です。

以下の記事ではそれぞれ各ラウンジの全食事メニューの画像と注意点、レビューを載せています。

» 【画像あり】タンソンニャット空港にあるベトナム航空ビジネスラウンジ「LOTUS LOUNGE」の行き方と全メニュー写真を掲載

» 【画像多数】タンソンニャット空港のプライオリティパスラウンジ「オーキッドラウンジ」の行き方と全メニュー写真を掲載

ベトナムエアラインズカード

画像:日経新聞

三井住友カードから「ベトナムエアラインズカード」が発行!

持つだけで「スカイチームエリート資格」と「ベトナム航空の上級会員資格」が得られます。

コチラの記事でベトナム航空の上級会員資格で得られるメリットを具体的に紹介しています。

v

スカイチームアライアンスの「上級エリート会員資格」に絞って考えると5,000円というのはコスパに優れます。

mた、普段からベトナム航空を利用する人にとってはビジネスチェックインからアップグレード、普段の買い物でベトナム航空のロータスマイルが貯まりますのでマストなクレジットカードになること間違いないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA