7815 東京ボード工業 H30本決算について

やあ、きみはがすきなんだね、

ぼくもなんだよ。

この記事では東京ボード工業の決算について紹介していきます。

決算短信で見通しを上方修正

東京ボード工業が2019年3月期の業績予想を発表したよ。

画像:東京ボード工業より

ぬお!これはグリッチしてるんじゃないか!!

売上高については四季報よりも23.4%増額の11,110百万円、営業利益も42百万円の増益予想だね。赤字は今期で終わる予定だよ。

増収要因については2か月前に稼働した新工場の影響でそれよりも先に減価償却が始まったことが要因だよ。同社はこの工場をメインにしていく予定だ。

会社四季報より

パーチクルボードの価格上昇

同社の製造しているパーチクルボードについて調べてみるとどうやら品薄になっているみたいだよ。

https://ameblo.jp/ma4432j/entry-12374711218.html

東京ボード工業の主力商品はパーチクルボード

同社は首都圏で木質廃棄物処理を独占している、だからパーチクルボードの需要増はグッドニュースだね。やったああああ!!

画像:東京ボード工業より

同社の決算短信にはこのような記載が

東京ボード工業決算単身より

現在(2018年5月)は円安傾向が強まり、競合の輸入材は価格上昇と品薄が想定されてるので追い風が吹いてるぞっ!

まとめ

外部、内部共に追い風が吹いている同社、気になるのは自己資本比率の低下だ。今期末時点で15.4%って増資しないか心配だよ。

もしするなら株価対策とかやってくれたりするんだろうか?もしくはファンだを織り込んで株価が上昇した後でやるのか?色々リスク要因で考えることはあるけど応援しているよ。

じゃ、またね。Jump Together !

 

 

書籍紹介

ケン・フィッシャーのPSR株分析

商品紹介

本書では、フィッシャー自身が実際に投資し、利益をつかんだ会社の例が交えられている。企業研究の書としても非常に読みごたえがある。グリッチをキーワードとした会社の成長と株価の関係についての理論は、企業経営者や管理職にとっても有益だ。

グリッチの概念は同書が一番詳しく書かれていると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA