【速報 JAL が格安航空設立! 】もうフルサービスはオワコン?!日本航空の新会社はLCCで確定!

本日JALが新たなLCC新会社の設立を発表しました。

画像:JALより

新会社の名称も未定だが、会見で西尾常務は、JALやJALのシンボルである丸マークは付けず、「あくまでも別ブランドで考えている」とした。座席は300隻弱を予定しており、これは従来のJAL機(ボーイング787-8)の40-50%増です。

JALの新会社について

新会社は、成田国際空港を拠点としてアジア・欧米などの中長距離国際線に就航するJALの連結子
会社とする予定です。当初2機のボーイング787-8型機を使用して、成田国際空港の機能強化が予定さ
れる2020年のサマースケジュールでの就航を目指して諸準備を開始します。

ターゲットエリアはフルサービスと重複

気になるターゲットエリアは現在のJALがカバーしている中長距離(13,000km)と重複しています。

これに加え新たなブランドコンセプトとテクノロジーを活用した新たなサービスを導入するとのことです。

画像:JALより

資料によると~高い生産性から生み出される魅力的な運賃や一歩先行く価値の提供などにより幅広いお客さまに支持される航空会社を目指すと~のことで他のLCCと比べてワンランクアップのサービスを提供するスタンスのようです。

JALの会見によれば「既存のJALでビジネス需要を、新LCCでは価格志向の個人旅行客の取り込み、需要喚起を狙う」「一般の方から(JALの)予約はなかなか取れないという声や、JALに乗りたいが、値段が高いという方もいる。そういうニーズが潜在的に多い」と西尾忠男常務が説明しており、ひょっとするとフルサービスとLCCの中間を狙っているのかもしれませんね。

開示資料の*バリューコンシャス*の文字にある通り、価格だけではないJALクオリティーも追及した新たなビジネスモデルに期待でしょうか。新会社はJALの連結子会社になる予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA