【画像あり】日本と同じ味!ベトナムで日本の焼肉ならホーチミン高島屋の「牛繁」がおすすめだよ。

やあ、きみは焼肉が好きなんだね、

ぼくもなんだよ。

この記事ではベトナムホーチミンの焼肉店「牛繁」を紹介していきます。味とサービスは同じく日本から進出してきている牛角よりも上に感じるよ。

「牛繁」の場所

「牛繁」はホーチミンの中心部の商業施設サイゴンセンター高島屋内にあるよ。

・地図

・DATA

名前 牛繁ベトナム
住所 L5-16, Saigon Center Building, 65 Le Loi Street, Ben Nghe Ward, District 1
営業時間 11時00分~21時30分(土日は22:00まで)
ウェブサイト http://www.gyushige.com/shop/index_vietnam.html

 

「牛繁」の画像

▼高島屋の5階に「牛繁」があるよ。

▼店内は暗めの間接照明でモダンな感じ、6人用のボックス席が8席あるよ。

▼箸は日本風でエプロンが付きます。

メニュー

▼小皿は50円*(10,000vnd)、肉は375円*より(75,000vnd~)

2018年5月現在。1円=200VNDで為替計算

▼肉を頼むと付け合わせの野菜が付きます。

▼味は日本の焼肉と同じでコスパが高く感じたよ。

まとめ

店内はモダンでおしゃれな雰囲気で、ビジネスにも家族でも使えるオールラウンダーなお店だよ。味はホーチミン牛角に比べてずっと良い。場所は高島屋内にあるが価格はベトナム価格でコスパに優れる焼肉店だったよ。

 

このお店で読んだ本

 

牛繁では「嫌われる勇気」を読んだよ

この本で参考になった部分はアドラー心理学では「自由に生きる」ために承認欲求を全否定しているということ。なぜなら、他者から承認されることを求めている限りは「自分自身」の人生を自由に生きることが出来ないからだ。

「アドラー心理学」では他人の意見なんてどうでもよくて、大事なのは「今、あなたは何をしたいのか」をやることでのみ人は幸せに生きられるとしている。

 

 

つまり誰かに嫌われるということは、自由に、自らの方針に沿って生きていることの証なんだね。

ぼくの母はぼくの生き方に対して「海外でふらふら遊んで大丈夫か?老後はどうするんだ?」とよく心配してくれる。だけど老後のことばかり考えて生きる人生のどこが楽しいのだろうか?ぼくは老後のためには生きてはいない、今のために生きているよ。

そもそも人は計画的な人生を生きるなどということは不可能だ。

だからこそ、この本は「いま、ここ」を真剣に、丁寧に生きることこそ大事なのだと教えてくれる。

自分の心に素直に生きようとしたときにこの本はきっときみの力になってくれる本だよ。

 

じゃ、またね、Jump Together !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA