スポンサーリンク




MediaPad M5 proでなく8.4を選ぶべき3つの理由【HUAWEI最新タブレット端末をハンズオンレビュー】

スポンサーリンク







 

HUAWEIのMediaPad M5 8.4と10.8 pro

どっちがおすすめかな?

今年5月18日に発売されて以来、かなりの人気となっている「HUAWEI MediaPad M5」シリーズの「MediaPad M5 8.4」と「MediaPad pro」2機種。新しい大型新モデルの「MediaPad pro」に興味を持った方も多いはず、私自身前モデルの「HUAWEI  MediaPad M3 LTEモデル」を現在も使っていますが今回新しく新作のM5を購入するに至りました。

もともと普段用でタブレット携帯が必要ということもあり、MediaPad M5とMediaPad proの両方を検討していた筆者が、最終的に選んだのはMedia Pad M5。MediaPad M5 proの方が価格が高く、大きさも10.8インチと大型ですが、「MediaPad M5」にはそんな価格以上の魅力を感じています。

では、さっそくここから「MediaPad M5」ではProではなく8.4インチモデルを選ぶべき理由を上げていきたいと思います。M5 8.4にしようかM4 pro にしようか迷っている方は是非参考にしてみてくださいね。

 

画像:Neowin

1.8インチはちょうどいい大きさ

 

価格は、10.8インチの「HUAWEI MediaPad M5 Pro」がWi-Fiモデルのみで5万4800円(税抜、以下同)。8.4インチの「HUAWEI MediaPad M5」はWi-Fiモデルが3万7800円、LTEモデルが4万5800円で発売されています。

家にいて動画鑑賞やゲーム使いの方には10.8インチと画面が大きめのProが向いていますが、普段使いにはやはり8インチがベストでしょう。「MediaPad M5」は片手で持てる大きさなのでバッグの中でも場所を取りません。対してProの場合は画面が大きいので持ち運びには向いていませんので室内での利用がメインになってくる機種です。

2.LTEモデルは「MediaPad M5 8.4」のみ

「MediaPad M5 8.4」には通話も可能となるLTEモデルが発売されています。「MediapPad pro」はWi-fiモデルのみの発売となっており通話機能は付いてきませんので必然的に利用する場所が限られてきます。一方でLTEモデルの場合はSimカードを差すことで電車の中やカフェ内でも気軽にネットに接続することができます。

室内用途でゲーミングや映画鑑賞等を楽しむ方にはProが向いていますが、出先や移動中など様々な場面でフレキシブルに利用したい方には8.4モデルがおすすめです。

3.proにはキーボードが付属しない

私が最終的にProの購入を見合わせた理由がここです。本国ではProには専用キーボードが付属し、ドッキングすることでPCライクな使い方ができます。これはまるで2IN1タブレットのようで非常に魅力的でした。

しかし日本発売モデルには日本配列の関係のためキーボード付属は見送られてしまいました。

画像:Neowin

4.proには充実したアクセサリーがない

現在Amazonで検索すると「Pro」モデルには使えるアクセサリーがとても少ないです。やはりその10.8インチの大型ディスプレイとWi-fiモデルのみの取り揃えのためにそこまでカスタマイズにこだわる購入者も少ないと思われます。

対して8.4モデルについては持ち運び利用が多いためケースや対応キーボードなどが幅広く取り揃えがあります。

購入当初よりそのままの状態で使うのが好きな方には関心がないかもしれませんが、8.4インチモデルですと必然的にケースやガラスフィルム等のアクセサリーが購入視野に入ってきます。

やはりケースやフィルムなどのアクセサリーが充実していた方が長持ちするし安全ではないでしょうか。

開封レビュー

▼箱は白色にゴールドピンクでHUAWEI MediaPad M5の文字が印字されている

▼中を開けると無料のカバーと本体の2つの箱が出てきます

▼本体の箱にはタブレットの他に電源、USBコード、説明書、イヤホンジャック用カードが付属

▼カバーは黒色でスタンドとしても利用できる

▼正面から、前作と比べ上下のベゼルが若干狭まった

▼背面のカメラ位置も左端に移動した。

▼カメラレンズが出っ張りになっているので正面置きにはカバーが必要です

 

まとめ

「MediaPadシリーズ」は競合のiPadの性能を飛び越えて現在は8インチ~10インチタブレットでは世界最先端の技術を有した最新タブレットシリーズです。

タブレット端末を購入する際は必ず選択肢のメインになる機種になってきています。デザインも幅広く受け入れられるので2-3年と長く使うには安心できる端末ではないでしょうか。

 

Huawei 8.4インチ MediaPad M5 8 SIMフリータブレット ※LTEモデル 32GB RAM4GB/ROM32GB 5100mAh【日本正規代理店品】オリジナルケース付属

 

 

 

 

 

 

 

Huawei 10.8インチ MediaPad M5 Pro タブレット ※Wi-Fiモデル 64GB RAM4GB/ROM64GB 7500mAh【日本正規代理店品】オリジナルケース&タッチペン付属

 

 

 

最安で航空券を買う方法

最安の航空券を探すにはスカイスキャナーが便利。わたしも結局いつもここを使っています。

スカイスキャナーなら全ての航空会社の運賃が確認できますので、出発日の日程でどこのアライアンスが一番安いか一目で確認できるのが良いところ。

でも、格安ツアーの方がホテル代込みの価格で、チケットのみを買うより安いことがあるので、先にスカイスキャナーで出発日の最安運賃を検索しておいてから、ホテルと航空券がセットになった格安航空券サイトエアトリ(旧DeNAトラベル)で、格安ツアーチケットの料金がいくらになるかを調べ、安い方を選択するのが効率的です。場合によっては自分でホテル手配をするより安いことがありますので、念のために価格のみをチェックしておきましょう。

航空会社やホテルを決める際には、やっぱり最新の口コミも気になりますので、直近で変なトラブルがなかったどうかをTripAdvisorで一応チェックしておきましょう。

自分でホテルを手配する場合は、ホテルの宿泊費は時期により大きく異なりますので、正確な宿泊代金が知りたい場合には、エアトリ(旧DeNAトラベル)から日付を入れるだけでチェックすることが出来ますよ。

あらかじめ旅行日の宿泊料金を前もって比較するためにも、下記リンクで最安価格を見ておいた方が後々役に立つでしょう。

旅行日が近くなるにつれて価格もじょじょに上がりますので、まずは大まかな最安費用を頭に入れておきましょう。

Trip.com

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA