スポンサーリンク




【最短】JCBのブラックカード「ザ・クラス」を5か月で取った方法

スポンサーリンク







 

.

ブラックカードは簡単に取れるの?

早くとる方法は?

この記事では、JCBのブラックカード「ザ・クラス」を私が最短5か月で入手できた方法を公開していきます。

「THE CLASS」とは

JCB THE CLASSは日本が誇る国際ブランドJCBの頂点に君臨しているカードです。

その希少性や素晴らしいコンシェルジュサービスで、人気の高いカードだが、招待されないと持つことができないカードのため、希少価値は高いとされていあす。

 

JCB「ザ・クラス」を5か月で取った方法

 

わたしの場合は、最初にJCBゴールドカードを作りました。

それで毎月の決済額を10~15万程度で、一時的に多くても40万位(航空券代金の決済)、それで5か月後にJCBデスクに電話して「ブラックカードのインビテーションちょうだい!」って言ったらあっさりインビテーションを送ってくれました。

試しに友達(小企業経営者)に勧めてみたらその友達も電話一本で招待状が着たようでびっくりししていましたよ。

おそらくJCBの審査基準がかなり甘いのではないでしょうか。

※現在ではこの「電話でインビテーションちょうだい」作戦が貰えなくなったとの未確認情報があり。

 

なぜ「ザ・クラス」が欲しかったのか?

 

JCBブラックカードは保有しているだけでその特典として様々なベネフィットが受けられます。例えば年1回【ザ・クラス・メンバーズセレクション】ではディズニーランド内にある会員制秘密レストラン「クラブ33」の予約ができます。

※2018年度のザ・クラス特典でClub33(ディズニーランドの会員制秘密レストラン)改定あり!詳細はこちらの記事を参考にどうぞ。

こちらもおすすめ!

》【まさか私が…】クラブ33の抽選で招待券が当たった!ディズニー内の場所とランチのメニューを完全公開します。

》最悪って本当?ディズニークラブ33のリアルすぎる現実!お土産・グッズを紹介

ディズニーランド、ユニバーサルスタジオはJCBがスポンサーなので【ザ・クラス】を持っていると幅広いベネフィットが得られます。

他にはディズニ-ランド、ディズニーシー内にある「アトラクションの専用ラウンジ」の利用と「待ち時間ゼロで優先搭乗」などが利用できます。

ユニバーサルスタジオジャパンではアトラクション【フライングダイナソー】において同様のラウンジと優先搭乗が可能です。

▼専属スタッフに案内されてパーク内のJCBラウンジへ

 

▼専用ラウンジではドリンクが飲み放題

▼アトラクションは並ばずに優先搭乗です。

 

2018年にディズニーシー内のJCBラウンジを体験してきた記事はコチラ

 

「ザ・クラス」の特典である「ディズニーランドの会員制秘密レストランクラブ33」についてはコチラの記事で徹底解説しています。

 

 

ブラックカードを手にした時にうれしかったので、周りの友人や家族、レジでの決済に見せて反応を見てみました。

そのときの体験談はコチラです。

最安で航空券を買う方法

最安の航空券を探すにはスカイスキャナーが便利。わたしも結局いつもここを使っています。

スカイスキャナーなら全ての航空会社の運賃が確認できますので、出発日の日程でどこのアライアンスが一番安いか一目で確認できるのが良いところ。

でも、格安ツアーの方がホテル代込みの価格で、チケットのみを買うより安いことがあるので、先にスカイスキャナーで出発日の最安運賃を検索しておいてから、ホテルと航空券がセットになった格安航空券サイトエアトリ(旧DeNAトラベル)で、格安ツアーチケットの料金がいくらになるかを調べ、安い方を選択するのが効率的です。場合によっては自分でホテル手配をするより安いことがありますので、念のために価格のみをチェックしておきましょう。

航空会社やホテルを決める際には、やっぱり最新の口コミも気になりますので、直近で変なトラブルがなかったどうかをTripAdvisorで一応チェックしておきましょう。

自分でホテルを手配する場合は、ホテルの宿泊費は時期により大きく異なりますので、正確な宿泊代金が知りたい場合には、エアトリ(旧DeNAトラベル)から日付を入れるだけでチェックすることが出来ますよ。

あらかじめ旅行日の宿泊料金を前もって比較するためにも、下記リンクで最安価格を見ておいた方が後々役に立つでしょう。

旅行日が近くなるにつれて価格もじょじょに上がりますので、まずは大まかな最安費用を頭に入れておきましょう。

Trip.com

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA