イギリスで移民(ポーランド人)にご飯をおごってもらった話

やぁ、きみはハリーポッターが好きなんだね、
ぼくもなんだよ。
ぼくね、ハリーポッターの舞台になったイギリスに行ってきたんだよ。

ロンドンは移民比率が高い

ぼくが滞在してたロンドン市内の移民比率はかなり高かった。エリアによっては違いはあれど感覚的に都心部は3割が白人じゃなかったよ、白人系の移民は見分けがつかないから4割位が移民だったんじゃないかな。

実は恥ずかしながらぼくは移民について「爆弾つくってるわるいやつら」くらいの知識しか無かった。そんな時にイギリスを旅してフランスからの移民の家にホームステイし、コロンビアからの移民に二階建てバスから観光案内をしてもらい、ポーランドからの移民にご飯をご馳走になったんだ。

移民っていってもいろんな人がいるんだね。ぼくが「わるいやつ」って思ってた移民の人たちは、ぼくにとても優しくしてくれた。それでぼくは反省したんだ、この経験を通して僕の中で移民についての知識は大幅にアップデートされたよ。

画像:ご飯をごちそうしてくれたジモン(シモン?)、ポーランド人のおっちゃん、「これが一番うまいんだよ。」って出てきたのはチーズチキンカツ。やっぱりお酒が強かった!

ぼくの滞在先のミレイレ(フランス人)ばあちゃんの家、リスが毎日遊びにきたよ。

ロンドン橋で話しかけてくれた日本人のじっちゃん、某大手赤い銀行の元ロンドン支店長。テムズ川を一緒に散歩しながらイギリス史を教えてくれたよ。今は日本でコンサルしてるって、旅って出会いがいっぱいだね。

ロンドンのいいところ

・人が優しい、どこで(駅でも!)道を聞いても、笑顔で答えてくれ、たまに「Have a lovely day!」ってカッコいい英語が返ってくる。

・街中がディスニーランドみたい。地下鉄がスペースマウンテンと同じゴゴゴゴッ!って音がする。

画像:散歩してて、突然横にこんな景色が現れると感動するよ。

・英語の勉強になる。ある程度看板やメニューが理解できる。

・普通の街並みなのにカッコいい。

画像:ロンドン橋を降りたところ、どこを歩いても絵になる街だね。

ロンドンの悪いところ

・物価が高い!ウクライナやベトナムの激安物価になれちゃうと外食をためらうレベルだった。

・曇りが多い。

まとめ

イギリスは人が優しくて、歴史があって、魅力がいっぱいの楽しい国だったよ。でも物価が高いから予算は多めに用意した方が良さそうだね。それでも観光客数は年間4,000万に迫る勢いで日本よりも多いのにびっくりする。きっと世界の富裕層がやってくるんだね。

また、グレート・ゲームThe Great Game)を読むと世界史=イギリス史なんだなって思う。これを読んだせいか、市内の世界遺産には歴史の重みが感じられたよ。ブレクジットとかあるけど街の雰囲気は移民に開かれた国でとっても快適だった。また行きたいな。

じゃ、またね。Cheers to life !

おまけ、ツイッターの投稿

 

帰りのヒースロー空港でラウンジを利用した記事はこちら

【画像あり】ロンドン・ヒースロー空港のラウンジはホテル並みのクオリティーだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA