【花火】国慶節の香港で見たリアルすぎる混雑の実態【イベント】

[voice icon=”http://satenp.com/wp/wp-content/uploads/2018/06/count_boy05.png” name=”(旅行者)” type=”l”]国慶節の香港ってどんな感じですか?[/voice] [voice icon=”http://satenp.com/wp/wp-content/uploads/2018/06/pose_kyosyu_girl.png” name=”(旅行者)” type=”l”]観光で避けた方が良い場所はありますか?[/voice]

 

この記事ではこんな疑問に応えていきます。

 

国慶節の香港中心部はどんな感じ?

 

国慶節の香港は本土からの観光客で大混雑します。ピークは10月1日でこの日は香港も祝日なので有名な観光地は避けた方が良いでしょう。ビクトリアピークは付くまで1時間かかったり、香港ディズニーランドの待ち時間は150分を超えることも。

今回滞在したホテルのコンシェルジェデスクで国慶節に関して色々アドバイスを聞いたので以下シェアしていきます。。

国慶節のスケジュールと注意点

・花火はレストランが混雑するのでハーバービューの部屋を予約するのがベスト

・19時からチアサーチョイ(ネイザンロード周辺)は通行止めになる

・レーザーショーは20時、花火は21時、それぞれビクトリアハーバーで開催される

・普段来ないような人も香港に来るので貴重品の管理に気を付ける

香港の国慶節はどの位混雑しているか?

実際に香港の国慶節はどんな様子でしょうか。以下街の様子を写真に収めてありますので参考にどうぞ。

混雑は九龍半島から香港島に向かうに連れて激しくなります。ハーバー周辺の交差点では一度に渡り切れないことも。

▼前日空いていた飲食店も行列ができている

▼前日に閑散としていたアイスクリームの路面店にも行列

▼香港島へ向かうフェリー乗り場への道

▼ハーバーシティー(ショッピングモール)

国慶節中は歩けないほどの混雑になり、かつ交通規制もかかるので日中はあまり混雑する場所へは出かけずに近場で過ごした方がオススメ。

香港の国慶節でビクトリアハーバーから上がる打ち上げ花火

香港では国慶節に花火のショーがあります。この日はTV中継もあり、ビクトリアハーバーに浮かぶ4つの船から23分間で3万発の花火が打ちあがります。

会場付近の海側にある散歩道は場所取りのため、3~4時間前から混雑が始まります。

19時からは海側の道路は交通規制が入り、一般車両は通行できなくなります。

▼20時からのレーザーショー

▼21時の花火ショー

 

花火を見るのにオススメのホテル

・花火を見るのに一番オススメなホテルはインターコンチネンタルホテル香港。フロントのパノラマビューが素晴らしいです。

▼インターコンチネンタル香港からのハーバービュー

 

国慶節で特に混雑する場所とは?

一般的な有名観光地は混雑が激しいので平日の空いている午前中に行かれることをおススメします。

香港の国慶節で特に混雑するところ

・香港ディス二―ランド

・九龍半島と香港を結ぶフェリー

・K11、ハーバーシティーなどのショッピングモール

・夕方から交通規制が入る尖沙咀エリア(香港島よりの繁華街)

などなど、小さな注意点はありますが、国慶節ならではのお祝いムードの香港も楽しいものです。できれば混雑をうまく避けて楽しい滞在をお過ごしたいものですね。

私の場合は交通規制が始まる19時前にはホテルに戻りました。当日は会場付近は大混雑するためホテルのラウンジ利用がオススメです。

帰国時には空いている空港ラウンジの利用がおすすめ

香港から国慶節中に日本へ帰国する場合は空港内も混雑しています。そんなときは空港ラウンジを使って搭乗時間までリラックスするのがオススメ。「プレミアムプラザラウンジ」はメンバーでなくてもお金を払えば利用が可能です。

 

》画像あり】ラーメンも食べれる!香港国際空港にあるプライオリティパスラウンジを紹介

それでは、良い香港ライフを~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA