スポンサーリンク




【画像あり】ベトナム航空のプレミアムエコノミーが絶対におすすめできない理由

スポンサーリンク







こんにちわ!ベトナムでセミリタイア中のさーてんぷ(@mylifeparadice)です。

今回は今回はベトナム航空のプレミアムエコノミークラスについて「サービス」「座席の広さ」「プレミアムエコノミー特典」の情報を共有していきたいと思います。

ベトナム航空のプレミアムエコノミークラスっておすすめですか??

座席の広さはどうですか?特典は?

 

この辺りの質問に答えていきます。

 

 ベトナム航空のプレミアムエコノミーの特徴

 

1.ビジネスカウンターのチェックイン利用について

 

プレミアムエコノミーならチェック時の手続きにビジネスクラスカウンターが利用できますのでエコノミークラスの長い待ち時間を避けて、その分をお土産の購入時間やレストランでベトナム料理を食べたりと効率的に過ごすことが可能です。

 

2.プレミアムエコノミーのシートピッチ

座席表

ベトナム航空B787-9型機 シートマップより

3.プレミアムエコノミークラスの実際の画像

▼横幅は思った以上に広さが感じられます。

▼アームレストも広めの設計で、隣の座席との距離は広く感じる。

▼エコノミーと違いイヤホンとアメニティーセットは最初から座席に置いてある。

▼座席にはコンセント、ディスプレイ横にはUSBポートが付いている。

▼前方席ではディスプレイがアームセストに収納されている。

▼隣の座席との距離は座ってみると思った以上に広く感じる。

 

 

プレミアムエコノミーがおすすめできないところ

プレミアムエコノミーは座席がエコノミーに比べてけっこう広く、10時間以上のフライトでも快適に空の旅が楽しめます。個人的にはこれなら30時間でもOKです。

一度こんな快適なフライトを経験してしまうと次回もプレミアムエコノミークラスを選択肢に入れざるを得ません。

だからお金を節約したい人にはプレミアムエコノミーは絶対にお勧めできません!

エコノミーの場合、長時間のフライトだとエコノミー症候群の心配や、狭い空間にずっといることでストレスを感じる事が少なくない。でも、プレミアムエコノミークラスの場合はビジネスクラスの優先チェックイン&優先搭乗が受けられるため、「イイ気分」で空港利用が可能だ。

座席のリクライニングは7㎝のスライドが可能でフットレストを併用すれば入眠も快適だ。これなら長距離線だが質の高い睡眠をとることができるよ。シートの広さやフットレストがあることでエコノミー席に比べて入眠しやすい環境が整っている。

だから機内で寝ずに最新の映画をじっくり楽しみたい方にはプレミアムエコノミークラスはお勧めできません!

このような快適な空港ライフを一度味わってしまうとフライトの日が待ち遠しくなってしまいます。

手荷物について

プレミアムエコノミークラスであれば日本/ベトナム便では50㎏まで無料受託手荷物が利用できます。エコノミーでは40㎏まで、機内持ち込みは7㎏までOKです。

手荷物制限、サイズなどの詳しい内容については下記の記事に載せていますのでよろしければご参考にどうぞ。

プライオリティーパスを使えばベトナム・日本で空港ラウンジが無料に

「プライオリティ・パス」という空港ラウンジのサービスがあります。ブラックやプラチナカードの利用付帯で利用できることが多いです。

ベトナム空港のプレミアムエコノミークラスではビジネスラウンジを利用することはできませんが、このプライオリティーパスを使うことで空港のラウンジ利用が可能となります。

このカードがあれば世界中の約500の都市で約1000ヶ所の空港ラウンジを利用でき、海外旅行においては非常に便利なサービスです。ラウンジ内ではお酒・アルコール類や食事、シャワーが無料で利用でき、出国前、帰国前の空港イミグレーションの後でゆっくり搭乗までの時間を過ごすことができます。

このプライオリティーパスが無料で貰えるクレジットカードがあります。

 

この楽天プレミアムカードを持ってると無料でラウンジが利用できる「プライオリティパス」カードが貰えます。

実際にプライオリティパスを使って成田空港のプライオリティーパスラウンジ「KALラウンジ」を利用したときの記事はコチラです。

ベトナムのホーチミンにあるタンソンニャット空港内にもプライオリティーパスが利用できる空港ラウンジ「オーキッドラウンジ」があります。

このラウンジではベトナム春巻きやフォー等のベトナム料理も充実しており帰国前に窓越しから飛行機を見つつ、最後のベトナム料理を頂くにはお勧めのラウンジと言えます。

 

 

プライオリティ・パスは世界中の約500の都市で約1000ヶ所の空港ラウンジを利用できる便利なサービスです。プレステージ会員だと使い放題となり、海外旅行・出張が多い場合は使い勝手が抜群です。

利用の航空会社や搭乗クラスに関わらず、ラウンジを利用できるのがメリットです。LCCや格安航空券でもOKで、1日に2回以上使うことも可能です。

各種ソフトドリンク、アルコール、パスタ、野菜炒め、揚げ物、デリ、サンドイッチ、サラダバー、ヌードルバー、おにぎり、カップラーメン、ケーキ、果物などが用意されているラウンジもあります。

クレジットカードの特典でプライオリティ・パスを活用すると、高い年会費もあっという間に元を取ることが可能です。

万人におすすめなのは、年会費が10,800円とリーズナブルな楽天プレミアムカードです。SPUで楽天市場で5%以上の還元になり、海外旅行傷害保険も充実しています。

 

 

ベトナム航空のビジネスクラスはどうか?

 

2018年にベトナム航空のビジネスクラスを利用しました。

 

 

ベトナム航空のビジネスクラスの紹介画像とビジネスラウンジの詳細でコチラの記事で紹介しています。

(↓画像クリックでも記事を閲覧できます)

 

 

無料搭乗特典も!ベトナム航空のロータスマイル制度について

 

ベトナム航空には独自のマレージプログラム「ロータスマイル」があります。会員登録してマイルを貯めることでマイルに応じて日本のANAやJALと同じように無料特典航空券で飛行機に乗ったり、ビジネスアップグレード、ラウンジの利用ができます。

この記事では最新のロータスマイルについて紹介しています。

↓画像クリックでも記事を閲覧できます)

 

 

何故かベトナム航空の場合は現地発券だとビジネスクラスがかなりお得な料金で利用できます。

(↓画像クリックで記事を閲覧できます)

関連記事 ベトナム航空ビジネスクラスが59,496円!現地発券が圧倒的にお得!

関連記事 【成田空港発】ベトナム航空は第一ターミナル北ウイング | ウェブチェックインで座席指定予約をしなくてもカウンターは空いていたよ【評判は?】

 

人気沸騰中!ベトジェットなら片道4,900円でベトナムに!

ベトナムを中心に東南アジアで人気沸騰中の「ベトジェットエア」ならハノイ→関空便がなんと片道4,900円からあります。

ベトナム航空やANAと比べて価格は最大で90%オフにもなるこの破壊的な価格は見逃せません!

 

(↓画像クリックでも記事を閲覧できます)

ベトジェットエアならセール時にハノイ/大阪便が100円で買えることも

ベトジェットエアならセールでハノイ/大阪がなんと100円!で買える時があります。

画像:ベトジェットエア

当ブログでは定期的にベトジェットセール情報を公開しています。

(画像クリックで記事が見れます。)

2018年より日本便に投入された新型機エアバスA350-900機について

2018年7月1日よりベトナム航空が、成田/ホーチミン線においてA350-900を投入することになりました。

今回のスケジュール変更でVN303、VN302便についてはエアバスA321からA350-900に機材を変更し、期待はこれまでよりも大型になり座席の大きさについても変更がありました。

この変更は日本/ベトナム便の需要拡大を受けたものだと思われます。

れは今後ベトナム航空の快適性がさらにアップすることを意味します。

画像:ベトナム航空

A350-900の座席配置

ベトナム航空のA350-900は、ビジネス29席、プレミアムエコノミー36席、エコノミー240席、計305席の仕様です。

A350-900の座席配置はビジネスクラスは1-2-1、プレミアムエコノミーは3-3-3、エコノミークラスは3-3-3の配置となっています。

  ピッチ 詳細
ビジネス 42インチ 21インチ 180度のフラットシート
プレミアムエコノミ 38インチ 18インチ 45度のリクライニングシート
エコノミー 32インチ 18インチ 231席

画像:SEATGURU

▼A350-900のビジネスクラスシート

画像:ベトナム航空

▼A350-900機のプレミアムエコノミークラスシート

画像:ベトナム航空

ベトナム航空が投入した最近のエアバスA350-900機についてはコチラで詳しく解説しています。

 

 

▼日本便に投入された最新のエアバスA350-900機

画像:Lyteam

 

ベトナムエアラインズカード

画像:日経新聞

三井住友カードから「ベトナムエアラインズカード」が発行!

持つだけで「スカイチームエリート資格」と「ベトナム航空の上級会員資格」が得られます。

コチラの記事でベトナム航空の上級会員資格で得られるメリットを具体的に紹介しています。

v

スカイチームアライアンスの「上級エリート会員資格」に絞って考えると5,000円というのはコスパに優れます。

mた、普段からベトナム航空を利用する人にとってはビジネスチェックインからアップグレード、普段の買い物でベトナム航空のロータスマイルが貯まりますのでマストなクレジットカードになること間違いないでしょう。

ベトナムへの飛行機代を無料にする2つのカードとは

現在さーてんぷはANAワイドゴールドカードとSPGアメックスカードで陸マイラーをしています。

SPGアメックスカード

年会費  31,000円(税別)
特典等 シェラトン、マリオット、リッツカールトンのゴールドメンバー 
還元率  1.0% ~1.25% 100円で1マイル~最大1.25マイル
継続ボーナス   毎年SPG提携ホテルで1泊の無料宿泊特典が付く

 

ANAワイドゴールドカード

年会費  14,000円(税別)
割引等  web明細&マイペイすリボ→9,5000円
還元率  1.0% 100円で1マイル~最大1.7マイル
継続ボーナス   2,000マイル (実質年会費5,500円)

 

知識0から始めてたった二か月で日本⇔ベトナム間のANA無料往復航空券分を超える37,308マイルを手に入れることができました。その時のマイルの貯め方をまとめています。

日本在住であればどなたでもできるやり方なので無料で飛行機が乗れる陸マイラー制度はありがたいです。

人気 2018年 初心者陸マイラー2か月目でANA37,308マイルゲットできたおすすめ3つの貯め方をシェアするよ。

 

SPGアメックスカードならベトナムのシェラトンもアップグレード特典の対象に

もしベトナムでコスパの良いお得な宿泊を考えているのならシェラトンホテルの最安値(ベトナムは物価が安いので1万円台から泊まれる)で宿泊予約をしたあとで、SPGアメックスカードを利用した無料アップグレードがおすすめです。

SPGアメックスは持っているだけでシェラトン・マリオットのゴールド資格が得られるカードですので当日上クラスの空きがあれば部屋のアップグレードが適用されます。中にはスイートルームのアップグレードを受けた方もいるそうです。

当日の宿泊状況にもよりますがクラブラウンジのアップグレードも無料で付くことがあります。その時は無料でクラブラウンジのアルコール、様々な食事を頂くことができるので出費が増えがちな旅行にとっては大変ありがたいです。クラブラウンジでは朝食と夕食、午後の軽食サービス、夜の軽食サービスがすべて無料です。

2018年にさーてんぷはシェラトンホテルの最安値で宿泊した際にはSPGカードの特典で無料で最上階アップグレード、クラブラウンジで無料食事、プールフィットネス無料アクセス権がプレゼントされました。

その時の記事はコチラです。(↓画像クリックで記事を閲覧できます)

 

また、ホーチミンにあるシェラトンのバーではSPGカードで15%オフの割引が適用されます。

ホーチミン旅行の際に美しい夕日に染まる街並みを楽しみたい方はシェラトン23階にある「LEVEL23  NIGHTSPOT  BAR」がおススメです!

 

▼おススメはサンセットタイムの夕方5時半で、静かでゆっくり夕日に染まる景色を堪能できます。

 

人気 シェラトンサイゴンホテル内にある カフェ「LEVEL 23 NIGHTSPOT & WINE BAR」を画像付きで紹介します

 

サイゴンシェラトンホテル&タワーズの一階のラウンジではJAZZの生演奏を聴きながらベトナムコーヒーを味わうことができます。

この「The Louge」ではサックスとピアノが入った本格的なジャズの生演奏がわずが500円(コーヒー一杯)から楽しめますので観光の合間にちょっと立ち寄って生演奏をエンジョイしてみるのもおすすめです。

 

 

人気 【画像あり】シェラトンサイゴンのカフェ「The Lounge」はジャズの生演奏が聴ける19時がおすすめだよ!

 

 

注意
ベトナムで日本料理を食べる際に気を付けること

 

現在ベトナム・ホーチミンには日本料理店が約500件あると言われています。

その中には良いお店もあれば不衛生なお店もありネットだけの情報では確かな情報が分かりずらいのが問題です。ベトナムでは日本料理は高級ですからせっかく和食を楽しむなら良いお店でいい思い出を作りたいものです。

▼同じサーモンでもベトナムではここまで差が出ます。上の写真のサーモンはなんと710円でこのクオリティーです。

▼他店のサーモンは610円。↑のサーモンとは違い新鮮なのに安いです。

このようにベトナムで日本料理屋さんに行く時には注意が必要です。高級店だから美味しいというわけではないのが厄介なところです。

以下にさーてんぷが実際に訪れて店内の写真と味を確認した安心して利用できる日本料理店と逆に避けた方が良いお店を掲載しておきます。ホーチミンを訪問の際に参考になりましたら幸いです。

 

おすすめできる日本料理店

ホーチミン市内の便利な場所にあって安心できるレストランはコチラです。これらのお店はわたしが実際に訪問して安全、サービス、味を確認済みなので自信を持っておすすめできます。

(↓画像クリックで記事を閲覧できます)

 

 

行かない方が良い日本料理店

残念ながら気をつけないとこのようなクオリティーの低いレストランにときどきあたってしまうのがベトナムの現状です。

※閲覧注意!?※ホーチミンの高級和食「SUSHI BAR」ランチがおすすめできないリアルすぎる2つの理由とは【日本料理】

 

 

ベトナムのコンビニで安くお土産が買えます

ベトナム現地にはセブンイレブンやファミリーマートなどの日本でもおなじみのコンビニから韓国系のKマート、地場のビンマートなど沢山のコンビニがあります。

ベトナムのお土産で好評なのは

  1. ベトナムコーヒー
  2. ハス茶ジャスミンティーなどお茶パック、
  3. 人気のベトナム調味料の「ニョクマム(魚醤)」
  4. バラマキ用のフォーやブンボ―のインスタント麺

などですが、これらすべてをコンビニで買うことができます。

この記事ではベトナムの最新コンビニ事情について街中で一番良く目にするホーチミンのファミリーマートを中心に紹介しています。

観光の合間や夜に小腹が空いたときなどにフラッと立ち寄ってお土産を買うのにおすすめです。特にお土産を買う時間がない方、現地での価格交渉が面倒な方にも明朗会計の「コンビニ土産」はおすすめです。

人気 2018年ベトナムのリアルすぎる安い物価相場を日本と比べてみます。【メリット多く家族移住も可能】

まとめ

 

ベトナムセミリタイアについて

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA