ベトナムエアラインズカードが批判される3つの理由【スカイチーム|申し込み|年会費】

三井住友から2018年7月2日より新規発行となった「ベトナムエアラインズカード」

画像:日経新聞

7月2日に三井住友カードからベトナム航空と提携した「ベトナム航空カード」の発行が開始されました。

「ベトナムエアラインズカード」は入会するだけでベトナム航空の上級会員資格とスカイチームのエリート資格が得られます。

普段の買い物でもベトナム航空で利用可能なロータスマイルが100円につき1マイル貯めることができてベトナム航空では無料特典航空券やビジネスアップグレードに使うことができます。

今回発行するベトナムエアラインズカードは2つの種類がありそれぞれ「ベトナムエアラインズカード」と「ベトナムエアラインズゴールドカード」があります。以下にそれぞれ2つのカードの違いをまとめてみます。

※今、気になっているのはゴールドではない方です。

カード名称ベトナムエアラインズゴールドカードベトナムエアラインズカード
年会費40,000円(税別)5,000円(税別)初年度無料
入会特典2,000マイル1,000マイル
利用特典100円(税込)につき1マイル100円(税込)につき1マイル
ベトナム航空上級資格ゴールド会員チタニウム会員
ラウンジ利用ベトナム航空ビジネスクラスラウンジ×
スカイチーム会員資格エリートエリート
ビジネスチェックインカウンター
ベトナム航空超過手荷物の免除15kg10kg
優先搭乗

 

本来ベトナム航空の「ロータスマイル」の会員カードを手に入れるには会員登録後にベトナム航空の利用実績が必要になりますが、本カードに入会することで搭乗実績がなくてもベトナム航空の上級会員資格を得ることができます。

また、本カードにおいて得られる上級会員は入会時に自動的に付与されるので、ベトナム航空の利用時にはビジネスカウンターでの優先チェックインや、優先搭乗などワンランク上のサービスを受けることが可能になります。

ベトナム航空の上級資格の種類

ベトナム航空の上級会員には4つのステータスがあり、今回のベトナムエアラインズカードで付与されるのはベトナムエアラインズゴールドカードが「ゴールドクラス会員」、ベトナムエアラインズカードが「チタニウム会員」になっています。

ここでは現在私が検討している「ベトナムエアラインズカード」で付与されるチタニウム会員の特典を詳しく紹介していきます。この資格になることで具体的に得られるメリットには次のようなものがあります。

 

  • ビジネスクラスのチェックインカウンター利用
  • 優先搭乗
  • エコノミーが満席の場合の座席アップグレード
  • 超過手荷物10キロ免除
  • スカイチームエリート会員資格

 

スカイチームアライアンスの「上級エリート会員資格」が手に入ることを考えれば、年会費5,000円というのはコスパに優れます。

また、普段からベトナム航空を利用する人にとってはビジネスチェックインからアップグレード、普段の買い物でベトナム航空のロータスマイルが貯まります。

人気 年会費5000円でスカイチーム上級エリート会員に!ベトナムエアラインズカードの魅力【手荷物/ラウンジ特典も】

ベトナムエアラインズカードに申し込み

今回私がこのカードに魅せられた理由は「ビジネスカウンター利用」「超過手荷物」の2つの特典からです。

ホーチミンの空港はいつも混雑しているため、エコノミー利用ですと待ち時間が長いのがいつも気になっていましたが、「ベトナムエアラインカード」があればビジネスカウンターの利用ができるのがありがたいですね。

▼ホーチミンのエコノミーカウンター 

▼同ビジネスカウンター

一見便利なベトナムエアラインズカードですが不満なところもありますので順に解説していきたいと思います。

ベトナムエアラインズカードの残念なところ
1.年会費が5000円

2.スカイチームエリートプラス資格ではない

3.ロータスマイルは貯まりにくい

 

1.年会費が5000円

やはり年会費の5000円は地味に高いですね、無料とまではいかなくとも他のクレカ同様に1000円~2000円台で納めてくれるとありがたいのですが。

2.スカイチームのエリートプラス資格ではない

ベトナムエアラインズカードを持つとスカイチームのエリート資格が得られます。が、しかし空港でスカイチームのラウンジを使うためには一つ上の資格である「エリートプラス」が必要であり、「エリート資格」のみで得られるベネフィットは少ないです。

運が良ければ座席のアップグレードがあるかもしれません。

3.ロータスマイルは貯まりにくい

ベトナムエアラインズカードで貯めることのできるベトナム航空のロータスマイルはベトナム航空のみのポイントであり、応用が利きにくく、且つ利用マイルも高いのであまり実用的ではありません。

まとめ

 

ベトナムエアラインズカードは年会費がかかること、得られるエリート資格がプラスではないというイマイチな部分はありますが、スカイチームのエリート資格が欲しい方、ビジネスカウンター利用、優先搭乗など、利用時にストレスのないように一歩先を行くベネフィットも得られます。

私は人混みや長時間の待ち時間が苦手な性格ですので利用時に待ち時間のないように設計されているこのカードは充分価値があると判断し申し込みしてみました。

実際に利用した時にどの程度の差が感じられるか今度レポートしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA