ブログ収入で海外セミリタイア!1万円台でプール付きコンドミニアムに住もう!【海外生活|ベトナム移住】

[voice icon=”http://satenp.com/wp/wp-content/uploads/2018/06/Group.jpg” name=”(海外セミリタイア志望者)” type=”l fb”]ブログで海外セミリタイアってできるのかな~

でも、お金のことも心配だな~[/voice]

この記事は会社をうつ病で休職してたかつての自分へ向けて書いています。

この記事の内容

・ブログ収入でベトナムセミリタイアしよう

・サラリーマンとベトナムセミリタイアの違い

・お金の心配事の9割は起きない

ブログ収入でベトナムセミリタイアしよう!

私、さーてんぷは現在ベトナムでセミリタイア生活を送っています。

こちらは物価水準がとても安いのでブログ収入でプール付きのコンドに住むことができます。

もっとはっきり言えば働かなくても良いのです、ベトナムセミリタイアライフなら。

ブログ収入は一度作ってしまえば後は自動で稼いでくれますので「収益装置」さえ作ればあとは遊んでいても問題ナシ。

実際に私は一か月間ブログ更新をやめてみたことがありますが、ブログは変わらず先月と同等額を稼いでくれましたよ。一度作ってしまえば後は自動で収益を生んでくれるのがブログの良いところ。

》今なら一般人でもブログ収入でプール付きのコンドミニアムに住める!ベトナムは今すぐリタイアできる最後の楽園【副収入】

 

私が初めてベトナムでセミリタイア生活を開始した時は、ブログ収入でプール付きコンドに住めるなんて思ってもいませんでした。

当初、わたしはAirbnbで探した家賃5万円位のコンドに住んでいました。それから引っ越しするにあたって、ローカルの物件情報を見た時に、家賃が1~2万円のプール付きコンドミニアムがたくさんあるのを目にして、あまりの家賃の安さにびっくりしたのを覚えています。

 

》ベトナムで1~2万円台のプール付きマンションを3つ紹介していきます【ホーチミンのアパート家賃相場|賃貸契約】

》絶望のサラリーマンをやめて海外で引きこもるならフリーランストレーダーがおすすめ

 

1-2万円台でプール付きコンドに住めるのは世界広しと言えど、ベトナム位でしょう。同クラスのコンドはタイやマレーシアでは2倍以上します。

1日辺りにするとたった500~800円でこのクオリティーのコンドに住めるのは驚くばかり、家賃に対して確かなクオリティー、価値ある暮らしを手に入れることができます。

海外セミリタイア暮らしに興味のある日本人なら、この裁定(アービトラージ)の差は鞘取りすべき案件でしょう。どう考えてもべらぼうに安いのですから。

▼ホーチミン市内にある家賃が1~2万円台のプール付きコンドミニアム http://angia.com.vn/tin-tuc-va-su-kien/tin-du-an/can-ho-duoi-1-ty-dong-tai-quan-binh-tan-tiep-tuc-gay-sot.html

像:https://canhoehomes.com.vn

 

一方で日本の関東地方で2万円となるとオワコンのような部屋が出てきますよね。

どちらがコスパが良いかと聞かれたら、答えるまでもありません。

 

ベトナム人の家賃節約術

ベトナム人の中には節約のために会社や飲食店でオーナーの許可を取って、寝泊まりしている人も多いそうです。気になる家賃は400,000VND~(約2000円~)とのことで、激安。

家賃という概念について考えさせられるような話ですね。

 

サラリーマン人生とベトナムセミリタイアの3つの違い

ベトナムでセミリタイアするのと日本でサラリーマン生活を続けるのでどのような違いがあるでしょうか?ここではその違いを3つに絞って紹介していきます。

ベトナムセミリタイア生活とサラリーマン人生と違い

・ビキニの女の子が毎日見れる

・職場の煩わしい人間関係とも無縁

・毎日が夏休み

 

 

1.ビキニの女の子が毎日見れる

こちらは男性限定の理由ですが、女性は「毎日プールで遊べる」と脳内変換をお願いします。

やはり毎日プールで遊んで暮らせるのはベトナムセミリタイアの素敵なところです。しかもコンド内だから無料!

一方でサラリーマンで同じような生活をしようとすれば、プール付きのジムを月額契約することになります。当然費用もかかりますし、移動に時間もかかります。ジムの費用は月1万円程でしょうか。

やはり毎日無料のプールで遊べるのはセミリタイアの素敵なところですね。

2.職場の煩わしい人間関係とも無縁

セミリタイア生活は付き合う人間を自分で選ぶことが出来るので快適です。

ひとりが良ければ自分の時間をたっぷり取ることもできますし、苦手な人や嫌いな人に会う必要はありません。

好きな人なら積極的に絡むことができますし、付き合う人間を自分で決めることができます。まさにストレスフリーで自由な暮らし。

一方でサラリーマンは会社が決めた上司や同僚と毎日一緒に過ごします。自分に合うかどうかは関係ありません。「自由」や「主導権」は200%会社に握られることになります。

会社はわずかな「給与」と引き換えに、あなたの人生において1番楽しい時期の「自由」や「人生の主導権」を40年近く搾取していきます。

そして会社は定年になると「老いたあなた」に手切れ金を渡して捨てます。

40年近くもあなたから搾取しておいて、定年になって使えなくなったらポイ捨てはちょっとひどいと感じます。

残されたのは僅かな金と「老いた自分」だけ、そのときに気付いても、もう遅いのです。自分の人生は会社や上司のためだったと。

私はかつてサラリーマンをしていましたので、サラリーマンには「自由」や「主導権」がないことはよく理解していますし、苦手な人のいる職場での仕事経験もあります。

リーマン時代はどんなに苦痛でも、耐えて通勤していましたし、きっといつか報われる、と勝手に思っていました。もちろん報われることはなかったけれども。

また、会社員はもし別の部署に移りたくても、移動願を出してから時間がかかったり、無駄な書類や承認手続きが多いですよね。

一方でセミリタイア暮らしは即、行動が起こせるのが良いところです。

「嫌ならやらない、楽しそうだからやってみる。」

とてもシンプルでストレスフリーな生活です。

会社との「長期奴隷契約」はあなたの意思で破棄することができます。

自分の人生の「自由」「主導権」を取り戻しましょう。

3.ベトナムセミリタイアは毎日が夏休み

 

▼ベトナム中部にあるダナンのビーチ

ベトナムセミリタイアの良いところは1年中常夏の国なので毎日が夏休み気分で暮らせるところ。物価も安いので毎日遊んでもお金はさほど減りません。

ベトナムのローカル店ではフォーが約100円(20,000VND)から食べることができます。

ビールは15円~と激安。毎日パーティーできちゃう値段です。

他にはチキンライスが約125円(25,000VND)、インスタント麺は20円(4,000VND)と、とにかく物価が安いのがベトナムの特徴です。

 

 

一方でサラリーマンなら付き合いでちょっと居酒屋に行くと4000円位はすぐになくなってしまうのではないでしょうか。

お金の心配事の9割は起きない

私がセミリタイア生活を送っていると、人からよく

「でもずっとその家賃じゃ住めないよね?」

「あなた、お金が無くなったらどうするの?」

「うーん。でも、もし日本に戻ったら給与が下がるからな~」

「老後のお金の心配があるからムリだYO」

「セミリタイア?そんなうまい話があるはずがないよ、絶対お金がなくなって苦労する、だからサラリーマンしてるのが一番幸せだよ。」

などなど、色んな人からアドバイスや、お金に関する心配事を質問されることがあります。

でもちょっと待ってください。よくよくこの質問を眺めていると質問者が「今を生きていない」ことに気づくはずです。

 

「老後」や

「値上げされた家賃」や

「お金が無くなった未来」は

パラレルワールドのことであって別世界、もっと言えば妄想の世界なのです。

それらは「いま」起きていることではありませんし、厳密に言えば「嘘」です。

一方でリアルなわたしたちは「いま」の世界を生きています。

大事なのは「いま・リアル」のあなたが幸せかどうかです。

 

わたしたちが生きているのは「今」であって「嘘」の世界ではありません。

この「今を生きる」ことこそ、リア充への最短ルートであり、人生をイージーモードで楽しむための秘訣です。

 

だから、自分で勝手に「お金に苦労する未来」を作って現在の辛い環境を納得させる必要はないのです。

なぜなら、あなたが定年までサラリーマンでいることで、失うものはあまりにも大きいからです。

「お金」についていえば、「もっと欲しい」と思うから苦しくなるのです。

だってベトナムならたった一万円台でプール付きコンドに住めるんですから。それも「今」だけかもしれませんし、だからこそ「いま」やらないで、いつやるのでしょうか。

 

今の日本は詰んでいます。

『大多数の人間は、静かな絶望の生活を送っている。』

これはアメリカの作家ヘンリー・デイビッドの言葉です。

サラリーマン生活は破綻はありませんが、希望もありません。どれだけ働いても自由になるだけのお金がもらえません。生きるために生きているだけ、それを絶望と呼んでいます。

本人も無理だとわかっているのに頑なにじっと希望を待ち続けるのはつらたん以外の何物でもありません。

特に閉塞感のある日本で「自由になるための人生」を手に入れるのは無理ゲーです、でも海外でならイージーモードで手に入ります。

サラリーマンの「競争」から一歩離れてみると、うまくいくこともあるし、これまで見えなかった資本主義のトリセツも見えてきます。

生きる場所をちょっと変えるだけで人生が変わりますし、環境の変化は気持ちを変えるのにGOODです!

効率的に時間を使って稼いで、コスパの良い生活を送ってゆるく生きるのがオススメの生き方。

人生は一度きり、貴重な若いあなたの時間を、無駄な付き合いや、社内イベント、通勤生活で会社に無料で献上する必要はありません。

もっと自由に、好きなことを出来る時間を増やす方が人生はきっと楽しくなりますよ。

 

おわりに

そもそも幸せかどうかは、あなたが決めることです。

悩むより動く――そのほうが物事は絶対うまくいくと思います。

だから余計な不安や悩みを抱えないように、
他人の価値観に振り回されないように、
無駄なものをそぎ落とし、限りなくシンプルに人生を楽しみましょう。

Cheers to life !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA