【1分でわかる】ベトナム航空|座席指定のやり方を紹介|A350座席表と広さ|【おすすめのエコノミークラス席】

[voice icon=”http://satenp.com/wp/wp-content/uploads/2018/06/count_boy05.png” name=”(旅行者)” type=”l”]ベトナム航空の座席指定はどうやったらできますか?[/voice] [voice icon=”http://satenp.com/wp/wp-content/uploads/2018/06/pose_kyosyu_girl.png” name=”(中級旅行者)” type=”l”]日本便で使用されているエアバスA350機の座席はどこがおすすめですか?[/voice]

 

この記事ではこんな疑問に応えていきます。

 

結論から言いますとベトナム航空の座席指定はベトナム航空ウェブサイトから予約時に可能です。

座席の変更はウェブサイト上で予約番号を入力し、ログイン後に可能となっています。

 

本記事の内容

・ベトナム航空の座席指定のやり方

・ベトナム航空、エアバスA350機の座席表

・エコノミークラスでおすすめの座席とは

[aside]補足
ベトナム航空は、現在ベトナム国内における唯一のフルキャリアサービス航空であり、航空業界の歴史において日本とベトナムを長年結んできた航空会社です。 日本/ベトナム便は、約5時間強のフライトになります。 [/aside]

ベトナム航空の座席指定のやり方

ベトナム航空ではウェブサイトから予約時に座席指定が可能となっています。

ホームページから予約者名を入力し、預け荷物サービスの追加画面から「次へ」のボタンを押した先のページで座席指定が可能となっています。

▼ベトナム航空の予約画面 出典:ベトナム航空

日本便で使用されるベトナム航空最新エアバスA350機の座席表

ベトナム航空の日本/ベトナム便で使用されているエアバスA350機の座席について紹介していきます。

 

▼A350機BoadingArea

出典:ベトナム航空

ベトナム航空のA350機の座席表はビジネスクラスが1-2-1の配列で合計29席、プレミアムエコノミークラスの座席は3-3-3の配列で45席、エコノミークラスは3-3-3の配列で231席となっています。

ディスプレイはそれぞれ各席に配置されており、座席前方に埋め込み式となっています。Wifiサービスは提供していません。

ベトナム航空A350機のエコノミークラスの座席の広さは81㎝

▼エコノミークラスの座席skytracks

エコノミークラスのシートの広さは32インチ(81cmくらい)で、シートの幅は18インチ(46cmくらい)です。

イートには10.6型のディスプレイが配置されていて音楽や最新の映画、ドラマを楽しむことができます。また、USB充電も可能です。

プレミアムエコノミークラスのシートピッチは38インチ(97cmくらい)、シート幅は18インチ(46cmくらい)でエコノミークラスと幅は同じですが、アームレストがある分広く感じます。

▼プレミアムエコノミークラスskytracks

A350のビジネスクラスはフルフラットシートです!

▼ビジネスクラスの座席、フルフラットになります。 skytracks

おすすめのエコノミークラスの席は?

エアバスA350機でしたら、前方の広さがある16A〜K席がゆったり足を伸ばせるのでおすすめです。

また、後方の席は埋まりにくいため比較的空席が目立っていることが多いので狙い目かもしれません。

空席の確認は空港でチェックイン時に尋ねてみると最新の状況を正確に教えてくれますので、ひと手間はかかってしまいますが聞いてみると良いでしょう。

私は利用の際にチェックインカウンターで

「今日は混んでますか?」

「どの席が前後左右に人が居ませんか?」

など挨拶のあとで質問しています。

左右に誰もいない席ですと横になって足を伸ばせますので、エコノミークラスでも非常に快適な空間で過ごすことができます!

海外旅行は国際空港のプライオリティパス利用ラウンジを使ってお得に過ごそう

海外の空港では出発3時間前に到着することが推奨されています。でも早く着きすぎて空港で無駄な時間を過ごしてしまったり、高いお金を払って空港内のレストランで過ごすのはもったいないですよね。

そんな時は無料で空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」を使えば搭乗前までラウンジでリラックスした時間を楽しむことができますよ。

プライオリティ・パスは約500ケ所の空港で1000ケ所以上のラウンジが利用できます!

プライオリティ・パスという空港ラウンジが無料で利用できるサービスがあります。

世界中の約500の都市で約1000ヶ所の空港ラウンジを利用でき、海外旅行においては非常に便利なサービスです。

出国審査後の搭乗エリアにあるラウンジが使えるのでフライト出発時間ギリギリまでビュッフェの食事やアルコールを楽しむことができます。

プライオリティパスを使えば世界中の空港ラウンジが利用できるので海外旅行の満足度がアップします!

▼ロンドンのプライオリティ・パスラウンジ

▼ニューヨーク (エールフランスのラウンジが利用可)

▼東京(成田)

▼香港 

▼ベトナム(ホーチミン)

空港によっては本来であればビジネスクラスやファーストクラスでないと利用できないラウンジも「プライオリティーパス」があれば入ることができます。

 

 

シャワー付きのラウンジもあり、食事やアルコール類を含むドリンクを楽しみながら、搭乗までの時間をリラックスした空間で過ごすことができるようになります。

プラチナ以上のカードで特典利用できることが多いのですが、その中でもダントツで最安なのが年会費が10,000円(税抜)の「楽天プレミアムカード」です。

 

楽天プレミアムカードなら通常399ドルの年会費がかかるプライオリティパス・プレステージ会員が特典に付いてきますので、とってもお得なカードだということがすぐわかりますよね。

今なら入会&利用で、最大15,000ポイントがプレゼントされます。

入会して1度利用するだけで、年会費分のポイントを貯めることができるので、今はお得なタイミングと言えるでしょう。

楽天プレミアムカードの詳細

年会費10,000円+税
家族会員5,000円+税
利用限度額最高300万円
最短発行期間約2週間
支払方法1,2回払い・リボ・ボーナス
海外旅行保険最高5,000万円
国内旅行保険最高5,000万円
国際ブランドJCB、VISA、MASTERCARD

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、ベトナム航空はベトナムの国営航空会社で、ベトナムのフルサービスキャリアの航空会社です。

2016年には日本の全日本空輸(ANA)から出資を受けています。格付けはイギリス・スカイトラックスによる航空会社の格付けで、「ザ・ワールド・フォウ・スター・エアラインズ(The World’s 4-Star Airlines)」の認定を得ています。

運賃はJALやANAと比べると安く設定されていることが多く、ウェブサイトではセールも頻繁に開催されているため気になる方はチェックしてみると良いでしょう。

 

ベトナム プリペイド SIM カード 15日間 4G/3G データ 通信 (通話付き)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA