【ベトナム移住】引きこもりがホーチミンに住んで良かった3つの理由と後悔したこと、海外生活

はじめに

私は一昨年よりベトナム・ホーチミン市に移住しています。

はじめのころは日本とベトナムを往復する短期滞在を繰り返していたのですが、ベトナムへの渡航費は1年に何度も行き来できるほど安くはないので、長期のビザを取って本格的に移住を始めました。

わたし自身の収入についてはネットで株取引とブログがメインでしたが、2018年度は数千万の損失を出してしまい、焦って現地採用で職を探すも1日でバックレという社会不適合者ぶりを発揮しています。(現地採用の企業にはちゃんと退社後に内定辞退させて下さいと報告済)

そんなはっちゃけたベトナム移住暮らしですが、それでも私が日本に帰らずに、ここに住み続けているのは「住んでいるだけで楽しい」から。

ベトナムは南国ですから一年中半袖で過ごすことができますし、寒い冬もなし、花粉症に悩まされることもなし、年中快適です。ココナツジュースを飲みながら心地よい風に吹かれているとそれだけで幸せな気持ちになれますよ。

ベトナムに移住してよかったこと3つ

1.生活の質が向上

まず市街部かリゾート地かにもよりますが、東京にいたときに払っていた家賃でより広い部屋に住めること。

こちらの部屋は日本と比べて広さがあって、キッチンやベッドも大きなことが多いので家での生活や料理も楽しくなりました。

また、ベトナムは緑が多く自然豊かな国ですので空の広がりを感じられますし、また何といっても物価が安い!フォーや春巻きなどはストリートフードであれば100円位で楽しめますし気軽に外食できるのもベトナムの良いところだと思います。

暖かい気候で、自然がより身近に感じられて、物価が安く、家も広い、以上のことから生活の質はかなり良くなったと言えるでしょう。

2.人との関わりに親しみが持てるようになった

ベトナム人はこちらが日本人だと分かると、子供からおっちゃんまで色んな人が興味をもって話しかけてくれます。

交差点で隣のバイクのおっちゃんが「日本人かい?」なんて話しかけてくることもありますし、レストランで食事中にマスターが「私は日本語を勉強しています、ご飯の味はどうでしたか?」と流ちょうな日本語で話しかけてくることもあります。

私はうつ病だった経験から最初はその距離感の近さに引いてしまいましたが、慣れればこちらも笑顔で応えられる様になってきます、ベトナム人はフレンドリーなので初めてあった人でもすぐに仲良くなれますよ。

3.普段の生活が楽しくなった。

世界幸福度ランキングではベトナムはアジア1位、140か国中5位と素晴らしい幸福の世界に生きているベトナム人(日本は58位だそうです)は日々の生活を楽しむことに余念がありません。

週末はブッフェやカラオケパーティーで盛り上がったり、サッカーでベトナムチームが勝てば市内がお祭り騒ぎになることも。

わたしの目にはベトナム人は他人の目をあまり気にせず、自分がやりたいと思ったことは存分に楽しんでいるように映ります。

そんな環境の中で自分もやりたいことにチャレンジするのも良いかもしれないな、と感じています。また、GDP成長率は毎年7%と中国よりも高い経済成長率で国全体が活気に溢れています。

お店には何でも売っていて、日本のアマゾンのような通販サイト「Lazada」ではクリック一つで家まで届けてくれたりと、日本でイメージしていたよりもずっと便利な暮らしができているのも嬉しいところ。

もちろん日本では経験しなかったことができるようになったり、普段の生活において楽しみが増えたのもベトナムに移住してよかったなと思える部分です。

ベトナムに移住して後悔したこと

1.医療態勢への不安

ベトナムに住む外国人の悩みはやはり病院のクオリティーでしょうか。

一般的な病院は費用も安いですが、衛生面や安心面では悩みが付きません。

外国人が安心して受けることができるのはインターナショナルホスピタルですが、診療費が高いため、皆さん大抵は会社の医療保険に加入するか、有料の民間保険に加入しているようです。

民間の医療保険は年間800ドル位が相場でキャッシュレス診療(保険加入者は現地の病院でお金を支払う必要はない)のタイプが主流です。

私は実際にベトナムのローカル病院に食中毒で運ばれたことがあるのですが、現地の病院の衛生状態は日本とは比べ物にならないくらいクオリティが低く、医療レベルも不安を覚えました。

》知らないとまずい、ベトナムの病院事情について【重要(保存版)】

》二度と行くか!ベトナムの病院で体験した恐怖のエピソードとは【病院事情】

2.湯船につかれない

ベトナムにはお風呂の文化はなく、ほとんどの物件がシャワーのみになっています。

たまにユニットバスがある物件がありますが、基本的にはシャワーのみと考えた方が良いでしょう。

ベトナムの中部ニャチャンには美肌効果のある泥風呂の温泉がありますが日本式の温泉のような場所はベトナムにはないようです。

まとめ

私個人はベトナムに住んでこちらの自由な空気に大満足しています。

日本はたまに観光に帰るくらいがちょうどいいかなーっと思っていまして、これまでのところベトナムの移住生活にはして楽しくやれています。

反対に「日本に帰りたい」「日本が恋しい」という人も多くいますし、移住についてどう感じるかは人それぞれなのでしょうね。

ベトナム移住が皆様の人生において素晴らしい経験になることをここをから願っています。

そしてわたしはベトナムで生活しているものとしてこれからも良いところ、悪いところを情報発信していきたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA