スポンサーリンク




ベトナム航空のビジネスクラスは差額5,514円で搭乗可能だが問題点が2つあり。

スポンサーリンク







やあ、きみはお得な運賃がすきなんだね、

ぼくもなんだよ。

ぼくね、ベトナム航空のビジネスクラスは片道だけなら差額5,514円で乗れるってことを発見したよ。

ベトナム航空のHPで検索

ここではベトナム航空のHPからベトナム→日本間の往復運賃を比較してみたよ。ホーチミン→東京成田であれば早朝便のビジネスクラスなら航空機の年式が古く(A321機?)、その分安い運賃に設定されている日程が多く感じるよ。

条件

以下の条件で検索してみたよ。

・区間はホーチミン→成田、成田→ホーチミンの往復便とする。

・往路は2018年2月11日、復路は3か月後の2018年5月11日とする。

・ベトナム航空のHPで運賃は最安値、直行便で検索する。

・ビジネスクラスの復路はエコノミークラスに設定する。

結果

  往復 片道
エコノミークラス 92,005 66,969
ビジネスクラス 97,519 112,120

単位:円

為替レート:1 ベトナム ドン = 0.004850 日本 円 (2018/02/02 時点)

この条件で検索すると片道をビジネスクラスに変更しても差額がわずか5,514円だ。ただし、ここで問題が2つ、このビジネスクラスは朝AM5:50発の早朝便のみで深夜便の場合は差額は22,062円になる。もう1つは朝便は旧型のエアバスA321機が多く、フルフラットにならない座席タイプの時がある。

ビジネスクラスのメリットは広い座席、空港内での食費が浮く(ロータスラウンジで食事が無料)、チェックイン時と搭乗時の優先カウンター利用が可能で時間を節約できる点だよ。また、この条件であれば片道のみビジネス利用の場合では往復運賃の方が片道よりも運賃が安かった。

実際の予約画面

実際の予約画面はこちらだよ。時間に余裕があって夜更かしできるならお得だね。

画像:ベトナム航空HP

ビジネスクラスのコスパを考える

もう少し感覚を掴むために空港内の滞在時間(3時間前到着)を含めた総合移動拘束時間を運賃で割り、同条件ではビジネスクラスのために1時間あたりでいくら払うのかを計算してみたよ。

  拘束時間
(3時間前)
空港
食費
合計
費用
1時間あたり
の負担額
ビジネスクラス 8.5時間 無料 97,519 11,473
エコノミークラス 8.5時間 1,000 93,005 10,942

単位:円

1時間あたりで価格を出せば差額は531円だ。この位の差額でビジネスクラスを利用できるならありがたいよね。

画像はベトナム航空、VN300便(ホーチミン→成田間)のビジネスクラスとエコノミークラスの比較。ボーイング787-9機ではビジネスが横4列に対してエコノミーは9列だ。531円でこれならビジネスGOしたくなるよ。

画像引用:http://airsoc.com,ベトナム航空HPより

タンソンニャット空港内にあるビジネスラウンジについて

コチラの記事ではホーチミン、タンソンニャット国際空港にある2つのビジネスラウンジのレビュー記事を掲載しております。

この2つのラウンジから1つを選ぶとすれば、わたしのオススメはベトナム航空のビジネスラウンジ「ロータスラウンジ」になります。

理由はシャワーが使えるからです。清潔さ、窓からの景色、アルコール類は「ロータスラウンジ」が充実しています。お寿司やコーンフレークなど、食事メニューのバリエーションが多いのは「オーキッドラウンジ」です。

以下の記事ではそれぞれ各ラウンジの全食事メニューの画像と注意点、レビューを載せています。

» 【画像あり】タンソンニャット空港にあるベトナム航空ビジネスラウンジ「LOTUS LOUNGE」の行き方と全メニュー写真を掲載

» 【画像多数】タンソンニャット空港のプライオリティパスラウンジ「オーキッドラウンジ」の行き方と全メニュー写真を掲載

ベトナム航空の口コミ

まとめ

ベトナム航空のチケットは日付の設定や時間帯によりビジネスクラスがお得に利用できることが分かったよ。時間に余裕があればぜひお得にビジネスを利用してみたいね。

今回ぼくは奮発して22,062円の差額を払ってビジネスクラスにしてみたよ。

じゃ、またね。Cheers to life !

今回のビジネス搭乗記はこちら

ベトナム航空の最新ビジネスクラスを体験してみた|ラウンジから機内食まで口コミ|評判

エコノミークラスでも利用できるラウンジについてはこちら

【画像あり】タンソンニャット空港のプライオリティーパスラウンジ「オーキッドラウンジ」の行き方

ベトナム航空のプレミアムエコノミークラスが絶対におすすめできない理由はこちら

【画像あり】ベトナム航空のプレミアムエコノミーが絶対におすすめできない理由

注意:この情報は本記事を投稿した時点(2018年2月04日)の検索結果であり、運賃を保証するものではありません。仮にこれらの情報に基づいて判断をし、 結果的に金額が異なったとしても当方は責任を負いかねますのでご了承ください。航空運賃に関する情報はご自身で調べてた上で自己責任で判断をおねがいします。

海外旅行は国際空港のプライオリティパス利用ラウンジを使ってお得に過ごそう

海外の空港では出発3時間前に到着することが推奨されています。でも早く着きすぎて空港で無駄な時間を過ごしてしまったり、高いお金を払って空港内のレストランで過ごすのはもったいないですよね。

そんな時は無料で空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」を使えば搭乗前までラウンジでリラックスした時間を楽しむことができますよ。

プライオリティ・パスは約500ケ所の空港で1000ケ所以上のラウンジが利用できます!

プライオリティ・パスという空港ラウンジが無料で利用できるサービスがあります。

世界中の約500の都市で約1000ヶ所の空港ラウンジを利用でき、海外旅行においては非常に便利なサービスです。

出国審査後の搭乗エリアにあるラウンジが使えるのでフライト出発時間ギリギリまでビュッフェの食事やアルコールを楽しむことができます。

プライオリティパスを使えば世界中の空港ラウンジが利用できるので海外旅行の満足度がアップします!

▼ロンドンのプライオリティ・パスラウンジ

▼ニューヨーク (エールフランスのラウンジが利用可)

▼東京(成田)

▼香港 

▼ベトナム(ホーチミン)

空港によっては本来であればビジネスクラスやファーストクラスでないと利用できないラウンジも「プライオリティーパス」があれば入ることができます。

 

 

シャワー付きのラウンジもあり、食事やアルコール類を含むドリンクを楽しみながら、搭乗までの時間をリラックスした空間で過ごすことができるようになります。

プラチナ以上のカードで特典利用できることが多いのですが、その中でもダントツで最安なのが年会費が10,000円(税抜)の「楽天プレミアムカード」です。

 

楽天プレミアムカードなら通常399ドルの年会費がかかるプライオリティパス・プレステージ会員が特典に付いてきますので、とってもお得なカードだということがすぐわかりますよね。

今なら入会&利用で、最大15,000ポイントがプレゼントされます。

クレジットカードは決済に使うだけ・・・という訳ではなくて、見方を変えると色々な使い方ができて面白いものです(^_^)

 

なお、この楽天プレミアムカードの紹介プログラムの利用には、当然ですが「紹介してくれる方」が必要です。

お友達や家族の方に紹介してくれる人がいないか確認してみましょう!

 

memo
「紹介する方」にもポイントが貰えるので喜んで紹介してくれると思います(^_^)
 

 

もし周りに紹介しれくれそうな人がいないとか、知り合いに楽天プレミアムカードに申し込むことをバレたくない・・・といった諸々の事情がある方は、是非私に紹介させて下さい。

せっかくこのブログをお読み頂いているのも何かの縁だと思います。

紹介をご希望の方は、こちらのバナーをクリックしてみてください。

もうすこし見てから検討したいな~って方はこちらのページをこそっと覗いてみて下さい。

注意
紹介プログラムキャンペーンの内容や一般入会キャンペーンの内容は申込み時期によって変動します。申込み時点でのキャンペーン内容をよく比較検討して、自分にあったキャンペーンを選んで下さいね!

 

空港ラウンジの世界はとっても楽しい!

旅行の際には無料で使える空港ラウンジ利用がぜったいお得!

プライオリティパスカードが到着するまではちょっと待つこともありますので、早めに発行しておきましょう、空港ラウンジは一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「ゲームのマル秘な裏ワザ」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私は空港ラウンジの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

今なら入会して1度利用するだけで、年会費分のポイントを貯めることができるので、お得なタイミングと言えるでしょう。

楽天プレミアムカードの詳細

年会費 10,000円+税
家族会員 5,000円+税
利用限度額 最高300万円
最短発行期間 約2週間
支払方法 1,2回払い・リボ・ボーナス
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
国際ブランド JCB、VISA、MASTERCARD

 

 

ベトナムエアラインズカード

画像:日経新聞

三井住友カードから「ベトナムエアラインズカード」が発行!

持つだけで「スカイチームエリート資格」と「ベトナム航空の上級会員資格」が得られます。

コチラの記事でベトナム航空の上級会員資格で得られるメリットを具体的に紹介しています。

v

スカイチームアライアンスの「上級エリート会員資格」に絞って考えると5,000円というのはコスパに優れます。

mた、普段からベトナム航空を利用する人にとってはビジネスチェックインからアップグレード、普段の買い物でベトナム航空のロータスマイルが貯まりますのでマストなクレジットカードになること間違いないでしょう。

ベトナム プリペイド SIM カード 15日間 4G/3G データ 通信 (通話付き)

 

ベトナムセミリタイアについて

 

スポンサーリンク







スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA